業界ニュース

個人エステサロンを開業するにはどうすればいい?開業前に知っておくべき経営のポイント

エステサロン

エステティシャンとして経験を積んだ方なら「自分のエステサロンを持ちたい」と、個人サロンの開業を目指しているという方も多いでしょう。
個人サロンを経営することには、メリットがたくさんあります。
今回は、個人サロンを開業するメリットや開業までの流れ、開業前に知っておくべき経営のポイントについてご紹介します。

個人エステサロンを開業するメリット

エステサロンを開業するにあたり、個人事業主として届出をするなら、収入は「売上-経費」となるため、働けば働くほど利益が得られることになります。
所得に応じて後々法人化することも可能であり、個人エステサロンの経営には魅力がたくさんあるのです。
それ以外にもある、メリットは以下です。

通勤の必要がない

これは自宅でエステサロンを開業する場合のメリットです。
自宅で個人エステサロンを開業するなら、当然通勤する必要はありません。
営業時間も自由に決められることもあり、融通が利きやすく時間にゆとりが生まれます。
どんなにエステティシャンの仕事が好きでも、毎日職場まで通勤するのは大変なこともあるでしょう。
また、自宅で開業するなら家事や子育てなどとも両立しやすく、仕事を続けやすいという点も魅力です。

固定客が付きやすい

個人サロンは、オーナーである自分自身、もしくは少人数制で事業を行うケースが多いです。
開業するまでは別のサロンで働き、エステティシャンとしての経験を積んできた方がほとんどでしょう。
ある程度の経験とスキルを持っているからこそ、個人サロンを開業したことによって来店してくれるお客様は少なくないのです。
特に、以前に自分のお客様として指名してくれていた方が、固定客として来店してくれるという機会も多くなります。
また、個人サロンはエステティシャンとお客様との距離が近く、安心感や親しみやすさも感じられます。
お客様にとっても通いやすく魅力的なため、固定客になってくれる可能性も高いです。

自分の好みを出していける

通常は、働いているサロンのコンセプトや方針に則った雰囲気や施術メニューで行う必要があります。
しかし、個人サロンを経営すれば自分の好みを店舗づくりに反映できるため、お客様のことを考えた施術メニューや施設管理、技術力などを提案できます。
店舗の売り上げは大手エステサロンに届かなくても、お店やオーナーに惹かれて固定客になってくれる方は少なくないのです。
また、自分の好みを前面に出していくことで、同じ価値観を持ったお客様が来店してくれる可能性も高いでしょう。

アットホームな雰囲気が作れる


スタッフがたくさんいない個人サロンでは、同時に来店するお客様も少ないため、周りの目を気にすることなく親身になって相談に乗ることができます。
満足のいく施術を受けるためには、自分の本当の悩みを打ち明け、理解して欲しいものです。
アットホームで1人または少人数な個人サロンなら、お客様と近い距離で接客ができるため、満足のいく施術につながりやすいのです。

エステ開業の流れ

では、個人でエステサロンを開業する流れを見ていきましょう。

資格の取得

これまでエステティシャンとして経験を積んできた方なら、既に資格を持っている方も多いかもしれません。
エステサロンでは、免許や資格が必要になる場合が多いため、関係のある資格を持っていた方が有利です。
というのも、何らかの資格を持っていた方がより信頼性が上がり、技術にも優れているように感じられるからです。
複数の資格を取得するのも他店舗との差別化を図れます。

コンセプトを決める

どんなスタイルで経営したいのか・どんなお客様に来て欲しいのかなど、一つひとつ細かく決めていきながら、お店のコンセプトを決定しましょう。
コンセプトが決まると、来店してくれたお客様に値段以上のサービスができるようになります。

資金の準備


開業資金は、業種によって異なります。
自宅でエステサロンを開業する場合は、内装・エステ機器・消耗品費・宣伝広告費などで約70万~110万円かかると言われています。
エステ機器に最新の機材を導入する場合は、資金もより多く準備しておかなければなりません。
また、これとは別に運転資金として50万~100万程度を準備しておくと安心です。

設備の準備

設備は、コンセプトにあったインテリアや内装などのほか、施術に使用するベッドやテーブル・ソファ・加湿空気清浄機・化粧品類・棚・レジシステム・ビジネス用PCなど様々なものがあります。
女性向けサロンなら、子ども連れでも来店しやすいようキッズスペースを設けるのも良いでしょう。
個人サロンは、限られたスペースの中で設備を整えなければならないため、コンセプトに沿った必要最低限のものだけを整え、徐々に増やしていくという方法もあります。

自宅を改装する


自宅で開業する場合は、サロン用に改装が必要になるケースが多いです。
コンセプトに合わせて、雰囲気の良い空間を作りましょう。
友人や知人など、第三者目線からのアドバイスをもらうこともおすすめです。

開業届を提出

開業届は、国税庁のホームページよりダウンロードが可能です。
開業届に必要事項を記入し、提出しましょう。
また、開業届を提出する際、同時に「青色申告承認申請書」も提出しなければなりません。
これは確定申告の際に必要なもので、開業届と同様国税庁のホームページよりダウンロードできます。

クレジット決済の導入

支払いには、クレジット決済を導入しておくと非常に便利です。
特に近年はキャッシュレス決済が主流になってきているため、現金にもクレジット決済にも対応できるよう準備しておくようにしましょう。

集客や宣伝

多くの方に来店してもらうためには、集客・宣伝が必要不可欠です。
サロン専用のTwitterやInstagramなどのSNSを開設して宣伝するのも、手軽で集客効果が期待できます。
また、友人や知人からの口コミを広げてもらうのも良いでしょう。
ただ、集客や宣伝は効果が出るまでに時間がかかるので、まずはサロンの存在を知ってもらうという気持ちで取り組むことが大切です。

開業前に知っておくべきエステサロン経営のポイント

個人サロンを開業することはできても、経営が上手くいかずにサロンをたたんでしまうケースも少なくありません。
生き残るためには、経営のポイントもしっかり理解しておく必要があります。
最後に、開業前に知っておくべきサロン経営のポイントについてご紹介します。

エステティシャン

他店舗との差別化を図る

まず、生き残るためには他店舗や競合店との差別化が何よりも大切になります。
自分が得意な技術は何なのか、お店のコンセプトはそれに合っているのかをきちんと見極め、お客様のニーズに沿う施術メニュー・サービスを提供しましょう。
特にサロンに足を運ぶお客様は、特別な空間・時間を求めているため、独自のスタイルを出せるようにすることも重要です。

固定客やリピーターを獲得する


固定客・リピーターをどれだけ増やせるかは、経営を成功させるポイントです。
個人サロンでは、お客さんと長時間一対一で過ごします。
技術面だけでなく、サロンの雰囲気やオーナーの人柄に魅力を感じてもらうことが、固定客獲得につながります。

宣伝活動を怠らない

来店率が良くなってきているからと言って安心するのは注意が必要です。
宣伝活動は、開業したばかりの頃だけ積極的に行うべきものではありません。

個人サロンは、住宅街にあれば人目に付きにくいため、宣伝活動なしでは来店率を維持するのが難しいと言われています。

継続して宣伝活動をしていけば、新規顧客獲得にもつながります。

個人サロンの経営を成功させるには、一人ひとりのお客様を大切にし、信頼関係を築いていくことが大きな鍵です。
大手サロンと同等のレベルを求めることはできなくても、自分なりのコンセプトで差別化を図れば、固定客を増やすことにもつながります。
注意点やポイントを理解し、対策しながら事業を進めていきましょう。


Related articles