ファスティング専門サロンの草分け

身体のスペシャリストが完全指導

ビューティファスティングの提唱者として、今やカリスマ的人気の松屋裕子さんが主宰の専門サロン「ファスティングスタジオシルキー」
松屋さんが、長年ファスティングに取り組む中で感じた課題をすべてクリアするべく立ち上げたサロンだ。

「これまでのファスティングは短期間で痩せる分、頬はコケ、肌まで緩んでしまう。結果、痩せたけど老けて見えるように。そんなファスティングは嫌だったので、どうしたら美しいファスティングが実現できるのかを追求し、独自のメソッドを作り上げました」(松屋さん)。

ファスティングスタジオシルキーはそんな松屋メソッドを実践的に体験できる、日本初の専門サロン。
看護師資格を持つカウンセラーとベテランエステティシャン、準備食をサポートするスペシャリストがチームとなって指導にあたる。

それぞれの体質を把握し、一人一人に対応したキメ細かい指導は、これまで数多くの人たちを成功に導いてきた。美意識の高い人たちの間では、ここファスティングスタジオシルキーは聖地。全国から、人が訪れる。ファスティング指導だけでなく、自らのアトピーの経験から食の改善をした、窪田ひとみさんが腕を振るう準備食もまた圧巻の美味しさ。料理を目的に、遠くから再訪する人が絶えないのも納得だ。

自己治癒力に勝る美容法はない

公認ファスティングカウンセラー(FC)瀬川 恭子

看護師時代から予防医学に興味を持っていました。なぜなら「薬で病気は防げない」ことを現場でイヤというほど見てきましたので。

どんな病も、自己治癒力に勝る治療法はありません。

それほど、人の身体に備わっている力というのは無限。美容法も同じで、高級な美容液を持ってしても、天然の保湿力には叶わないのです。
何にも勝る自己治癒力を底上げするという点において、ファスティングほど理に適ったものはないと思っています。

食事制限といっても、長期間ではありません。私自身、今でもお菓子も揚げ物も食べていますが、体調も体型も、お肌もトラブル知らず。むしろ昔より健康になりました。

「食べたいものは我慢しないで、できたら月に1度、無理なら数ヶ月に1度のファスティングは行ってください。それだけで身体は変わってくれますから」。

お客様には、このようにアドバイスをさせてもらっています。

プロフィール

看護師として20年間大学病院勤務後、美容内科クリニックでホルモン補充療法に従事。松屋裕子氏が代表を務める「ファスティングスタジオSILKY」に勤務。ファスティング専任看護師としてカウンセリングを担当。好きな食べ物はお蕎麦。趣味はアルトサックス。休日になると吹いている。性格は楽天的だけど気が短いかもしれません。年齢の割に「肌がキレイですね」と褒められるのがちょっと自慢。好きな言葉は「自分にしょうじき、思いやり」。一つだけ願いが叶うとしたら、20代に戻って、ファスティング生活を続けたい!

サロン名
ファスティングスタジオSILKY
住所
〒892-0834 鹿児島県鹿児島市南林寺町6-18
電話
0120-205-461
HP
http://fastingstudio-silky.com/

鹿児島県鹿児島市南林寺町6-18