お客様と全身全霊で向き合いたいからマニュアルをつくらない。栃木の隠れ家サロン

美容マニアのオーナーが、自らの経験を経てたどりついた「こだわり」。

若い頃から、エステが大好きで自らサロンに足を運び、大手サロン勤務の経験を持つ、ルイールのオーナーセラピスト七五三掛(しめかけ)久美子さん。様々なサロンを見ていく中で、気になった点があったという。

それは・・・「低価格のコース料金をうたいながら、実際は高額な化粧品をしつこく勧められたり、何百万円ものローンを組まされそうになったりしたことがあります。私は、そんなサロンは嫌です。技術の良し悪し以前に、不信感が先にたってリラックス出来ませんでした」。

そんな七五三掛さんが3年半前、自分の理想とするサロンをカタチにすべく独立開業をした。

時間やコースに縛られず全身全霊で向き合いたいから、予約は1日2名~3名。お客様からリクエストがない限り、エビデンス写真は撮らない、セールスは一切しない、料金は1回ごとの都度払い。それが、七五三掛さんがこだわったスタイル。

「来た人が落ち着かない気持ちになることは一切しない」と開業の際、固く誓ったという。120%の満足を提供するため、当日来た人の体調やメンタルの状態を、丁寧にセッションした上でメニューを決めている。スロータスもボディだけでなく、フェイシャルも導入しているのでボディ&フェイシャルのフルコースだと、一人4時間以上になることも。

優しさと誠実さが溢れ出る人柄。

スロータスの技術はオールハンド。緻密さや高度なテクニックが要求される施術だけに、中途半端だと認定証はもらえない。なので、技術の確かさはお墨付きだ。技術だけではない魅力がサロン ルイールにはある。

それは七五三掛さんが醸し出す、人を温かく包み込む母性のようなオーラ。言葉のひとつ一つに優しさと誠実さがにじみ出ている。そんなオーナーセラピストだから、広告は打っていないにも関わらず、人が集まってくるのだろう。

「ウチには、ただ、ただリラックスしにきて欲しいのです。結果は私が出しますから」と七五三掛さん。どこまでもストイック、職人のようなこだわりに、身体だけでなく心まで預けたくなる。

サロン名
Salon Luire(サロン ルイール)
住所
栃木県小山市神鳥谷5-18-29 2F
電話
0285-35-3053
[営]10:00〜21:00 完全予約制[最終受付時間]19:00 [休]不定休
HP
http://www.salon-luire2010.com

栃木県小山市神鳥谷5-18-29 2F