業界ニュース

エステサロン開業の疑問にお答え。資格の必要性、メリット、準備する物、成功のポイント等


エステサロンを開業したいと思っていても、何から始めれば良いのかわからないという方も多いでしょう。
そこで今回は、エステサロン開業に資格は必要なのかといった基本的な内容から、開業するメリットや準備しておきたいこと、成功させるポイントをご紹介していきます。

エステサロンを開業したい、サロン経営に興味あるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

エステサロンの開業・経営に必要な資格は?


結論から言うと、エステサロンの開業に必要な資格はありません。
「エステティシャン」を名乗るために必要な資格もないため、始めようと思えば誰でもエステサロンを開業し、経営することが可能です。

しかし、全く資格も知識もないままエステサロンを経営するのは難しいといえます。
また、お客様から信頼を確保するのも厳しいでしょう。

そこで、お客様に対して、しっかり知識や技術が身に付いていることをアピールするため、日本エステティック協会の資格を取得しているエステティシャンは少なくありません。

ちなみに、提供するサービスによっては、資格や保健所への届け出が必要となるケースもあるのでご注意ください。

まつげエクステや眉毛カットを行うには、美容師免許と保健所への届け出が必要となります。

エステサロンを経営するメリットとは


エステサロンを開業するには、店舗の準備や機材や設備の用意などそれなりの金額がかかります。
その反面、エステサロンの経営にはそれらを上回るほどのメリットもあります。

経営方針を自分で決められる

エステサロンを開業した場合、当たり前ですがオーナーは自分になります。
そのため、サロンのコンセプトや理念はもちろんのこと、経営方針も自分で決めることが可能です。
雇われていたときは、自分に決定権などないため、「ここをこうしたら」などと思っても諦めなければならないことが多々あったはずです。

しかし、自分で開業すれば内装や外装、提供するサービスも全て自分の権限で決められます。
つまり、自分の理想のサロンを作り上げられるのです。

ライフスタイルに合わせた働き方が可能

個人サロンなら、自分のライフスタイルに合わせて、営業時間やスタイルを自由に決めることが可能です。
特に子育て中で学校や幼稚園行事でお休みしなければならない場面でも、自分の都合に合わせた営業ができるため、家庭と仕事の両立がしやすいといったメリットがあります。

収入アップが見込める可能性も

会社員やパートとしてエステサロンで働く場合、指名料など多少のインセンティブはあったとしても、基本的に給与や時給は固定のことがほとんどです。

しかし、自分でサロンを経営すれば、頑張って売上が上がればその分自分の収益となります。
そのため、経営が軌道に乗れば、大幅な収入アップも期待できます。

開業に向けて準備しておきたい3つのポイント

誰でも始められるエステサロンですが、開業前に必要な準備があります。
ここでは、事前に準備しておきたいポイントを3つのポイントをご紹介します。

物件を探す

エステサロンを開業するために、まずはじめに準備しなければならないのが、物件(店舗)です。

エステサロンの営業形態は、自宅にあるスペースを利用する自宅サロン、マンションの1室や店舗を借りる店舗型サロン、そして出張訪問でサービスを提供するタイプがあります。

一つ目の自宅サロンでは、新たに物件を探す必要がないため、初期費用を抑えられるメリットがあります。

ただし、エステサロンには非日常的な癒しを求めている方も多いため、生活感を感じさせない工夫が必要です。

また、立地によってはお客様が来訪しにくいなど集客に影響を与える可能性があるため、注意が必要です。

二つ目の店舗型サロンは、立地や内装にこだわった店舗作りが可能です。
しかしその分初期費用が高くなるといったデメリットがあります。

最後3つ目の出張型サロンでは、要望に合わせてお客様のご自宅まで訪問してサービスを提供します。
そのため、最も簡単に始めやすいと言えますが、必要な機材や化粧品を毎回持って移動しなければならないといった手間が発生します。

どのタイプを選択するべきかはその人によって異なります。

内装を考える

店舗型エステサロンを開業する場合、居抜き物件を利用するか、コンセプトに合わせて一から作るのか、物件の内装をどのようにリフォームするかを決める必要があります。

居抜き物件とは前借主が使用していた内装がそのまま残っている物件です。

もしエステサロンとしても利用しても違和感のない内容であれば、そのまま使うことで内装代を大幅に削減できます。
一方、多少費用がかかっても、自分好みの内装にリフォームしたい場合は、立地や周辺環境も自由に選びやすくなります。

ベッド

必要な機材や設備を準備する

エステサロンを開業するには、様々な機材や備品が必要になります。
もちろん、提供するサービスによっても異なりますが、機材を使った施術を行うならエステマシンも必要です。

その他にも施術を行うのに欠かせないベッドやホットタオルキャビネット、オイルにアメニティなど、細々したものまで合わせると、必要な機材や設備は多岐に渡ります。

エステサロン経営を成功させるためのポイント

エステサロンは開業したらそこで終わりではありません。
売上を確保し安定した経営を続けていくには、様々な対策を講じる必要があります。
ここでは、エステサロン経営を成功させるポイントを紹介します。

上を指さす女性

リピーターの獲得

エステサロン経営を成功させるには、安定した来客数を保つことが必要です。
そのためには、一度訪れた新規のお客様をリピーターになってもらうことが非常に重要です。
リピーターを獲得するには、施術に満足するのはもちろん、施術者や店舗自体にも魅力を感じてもらう必要があります。
日々勉強会や講習会に参加し技術を磨いたり、新しい知識を取り入れたりと常に情報をアップデートできるよう努力することが大切です。

新規顧客の獲得

リピーターの獲得は非常に重要ですが、だからといって新規顧客が全く獲得できなければ、成功には程遠いと言わざるを得ません。

エステサロンでは、リピーターのお客様による売り上げが全体のおよそ8割を支えていると言われています。

つまり、残りの2割は新規顧客によるものなのです。

集客にはSNSを活用したり、広告を出したりなど、様々な方法がありますが、サロンでは口コミや紹介が大きな割合を占めています。
そのため、紹介をしてくれた人には割引チケットやお得になる制度など、新規顧客の獲得につながるお得な特典を用意するのも一つの方法です。

他店との差別化を図る

今やエステサロンは至る所で営業しているため、他店と差別化を図りオリジナリティを出すことは極めて重要です。
しかし、なかなか施術メニューで差別化をするのは難しいです。
そのため、お店のコンセプトやこのサロンならではのポイント、最新機種の導入などでお客様にアピールすることが大切です。

エステサロンは、特に資格がなくても開業できます。
しかし、全く技術や知識のない人から施術してもらいたいと思う人はほとんどいません。
そのため、エステサロンを開業し経営を成功させるには、また行きたいと思ってもらえるようなコンセプトや店舗作りが非常に重要です。

エステサロンを新たに開業したいと考えている方は、今回紹介した内容を参考に、また行きたいと思えるお店作りを目指してください。


Related articles