業界ニュース

エステサロンの経営安定のカギは「物販」にあり

成功

エステサロンの売上には、施術料やカウンセリングにかかる費用だけではなく、体をケアするために用いる物販も含まれています。

サロンを開業するにあたって物販の売上を伸ばすためには、どのような商品を取り入れるのが良いのでしょうか?
今回は、経営状況を安定させる物販の取り扱いについてご紹介します。
エステ スタッフ

エステサロンを開業するにあたって

近年、エステサロンを利用する女性が増加傾向にあることから、サロンの需要がこれまで以上に高まり、開業を決断する人が増えています。

経営者になるのであれば、開業する前に様々な準備を行わなければいけません。
もちろん、人材確保や施術のクオリティなども重要ですが、安定した経営を続けていくためには店の売上構成について考えることが最も重要です。

今回は、エステサロンを開業するにあたって押さえておくべきポイントをご紹介します。
ポイント

物販にこだわる理由

売上の内訳はサロンによって異なりますが、一般的に施術料やカウンセリング料、物販で構成されています。
顧客に対し直接施すサービスはもちろんですが、自宅でセルフケアが行えるように様々な商品を提案するのもサロンスタッフの重要な任務です。
そもそも物販は売上のためではなく、顧客に満足してもらうためのサービスです。
満足度
顧客は販売されている商品を手に取って実際に試すことで、サロンが提供するサービスのクオリティや持続性、ホームケアによる効果など、多くのメリットを得られます。
経営者やサロンスタッフは、来店した際の状態のみならず、次回来店するまでの状態を良くする責任があることを忘れてはいけません。

また、安定した収益を出さなければサロンの閉業を強いられる可能性があります。
そんな時、一番迷惑をかけてしまうのはサロンに通っていた顧客です。
経営するにあたって物販が重要だと言われるのは、このような理由があるからなのです。
店のためだけではなく、顧客のことを考えた経営をすることによって、安定した収益が出せるサロンへと成長していきます。

上昇

物販比率

今後、開業を考えているのであれば物販比率を高められるような策を練っていかなければいけません。

平成14年の経済産業省のデータによると、エステティック業の年間売上高の65.1%は施術収入が占めており、次いで関連商品の販売を含むその他収入が33.1%と高い割合を占めています。

エステサロンは施術が中心だと思われがちですが実は物販比率が高く、経営を支える一つの柱となっているのです。

また、コロナウイルスの影響により人々は外出を自粛するようになりました。

自宅で過ごす時間が長くなったことで、サロンに通う回数を以前より減らす人が増えた一方、ホームケアにより一層力を入れて取り組む人が増えています。

社会環境の変化により今、エステティックに関する商品のニーズは非常に高まっています。
サロンの開業を考えているのであれば、販促のコツやどのような商品を取り入れるのが良いのか考えましょう。

家 エステ

売れるサロンが実践している物販のコツ

エステティック業界では小規模で経営しているサロンの割合が高いため、施術収入だけでは継続的に経営を続けるのが難しいと言われています。
そのような環境下で安定した収益を出せるサロンは、物販の強化に取り組んでいます。
では、実際に十分な売上を取れるサロンは、顧客に対してどのように商品を提案しているのでしょうか?

顧客目線で提案する

強化すると言ってもただただ商品を提案すれば良いというわけではありません。
顧客に満足してもらえるサービスを提供することが本来の目的であるため、まずは顧客目線で考えるように意識しましょう。
誰しも興味のないものやよく分からないものを購入しようとは思いません。

また、実際に売れたとしても、購入した顧客自身が商品の良さを理解していなければリピートにつながる可能性は低いと考えられます。
効果を実感してもらうためには、カウンセリング時に顧客の状態に合わせて提案していくことが重要です。
一人ひとりに合った商品を提案するために、顧客目線の丁寧なカウンセリングを心掛けましょう。

カウンセリング

商品や美容に関する情報を勉強しておく

購入してもらえるかどうかは、提案するスタッフの営業スキルにかかっています。
商品自体の価値はもちろんですが、自信がなさそうに提案したり、商品についてあまり理解していない様子が伺えたりした場合、購入しようとは思えません。
物販を強化するためには、スタッフが自信を持って説明できるようになることが非常に重要です。

店で取り扱う商品の情報を事前にしっかりと把握しておき、一人ひとりの悩みに合った適切なアドバイスができるようにしましょう。
あらかじめ知識を蓄えておけば、必ず現場で活かせる場面があるため、開業を考えているのであればしっかりと勉強しておくことが大切です。

勉強

宣伝にも力を入れる

購入してもらうためには、商品の説明や魅力、得られる効果などを宣伝する必要があります。
チラシやパンフレット、ホームページ、LINE、SNSなど、様々な媒体を通して宣伝を行うことによって、顧客の元へ情報が届きます。

宣伝をする際に押さえておくべきポイントが2つあるので、ぜひ取り入れてみてください。

1つ目は、季節に合わせたおすすめ商品を提案することです。
寒い季節であれば乾燥、暑い季節であれば油分・皮脂など、季節によって悩みは変化します。
その時々に合わせたものをおすすめすることで、顧客は確かな効果が得られるため、リピート客を確保できるようになります。
2つ目は、商品説明と一緒にテスターを用意することです。
来店時に購入を決断するに至らなかったとしても、自宅でテスターを試したことによって、次回来店した際に購入してもらえるケースも多く見受けられます。
提案した際に売れなかったからと言って諦めるのではなく、テスターを渡して商品をPRしてみましょう。

宣伝は定期的に行うことで確かな効果が得られます。

宣伝

物販で売り上げを取るならプロラボがおすすめ

ここまで、物販にこだわる理由や売上構成、販促のコツなどについてご紹介してきましたが、開業するにあたって実際にどのような商品を取り入れるのが良いか分からない人も多いはずです。
そのような場合は、インナービューティーのパイオニア「エステプロ・ラボ」が展開している商品がおすすめです。
ここでは、プロラボが展開する商品の魅力を知ってもらうために、いくつか商品をご紹介します。

ハーブザイム113グランプロシリーズ

酵素栄養学に着目し、ファスティングプログラムのために研究開発された酵素ドリンクです。
98%が植物酵素原液であり、着色料や香料、保存料、人口甘味料、白砂砂糖、安息香酸を一切使用していません。
展開されているのは、プレーン、ジンジャー、オラックスの3種類です。
目的別に研究開発されているため、様々な悩みにアプローチできます。

ファストプロミール

トランス脂肪酸フリー、コレステロールフリーでありながら美味しさを追求した酵素ファスティングアシスト食です。
電子レンジまたは湯煎で調理できるため、いつでも簡単に食べられるのも魅力的です。
10食分が入ったファスティングプログラムセットや単品購入も可能なので、自身の状況に合わせて選べます。
お粥やリゾット、カレーザイム、ライスなどが展開されています。

プロテインナチュラグランプロ

食品添加物を一切使用しておらず、100%植物性であるため、非常に体に優しいプロテインです。
美容や健康、ボディメイク、ワークアウトなど様々な目的やシーンで栄養補給をサポートしてくれます。
用意されているのはココア、抹茶、オーツ黒ごまきな粉の3種類です。

ファストプロウォーターグランプロ

特許技術によって誕生した水であり、水本来の美味しさや溶存酸素を守る「非加熱無菌常温充填」を採用しています。
界面活性や酸素活性などにおいて、優れた分析データを取得している水です。

トリプルカッターグランプロ

食習慣にアプローチするボディメイクサプリメントです。
20種類ものボディメイクサポート素材が含まれているため、食事で後悔するようなこともありません。
食べることを我慢したくないという人におすすめのサプリメントです。

今回は、エステサロンを開業する上で物販にどのような役割があるのかについてご紹介しました。
収益を出して、顧客を確保してリピートにつなげるためには、物販の強化が必要不可欠です。

今後、エステサロンの開業を検討している人は、今回ご紹介したポイントをしっかりと押さえ、商品を提案してみましょう。
また、どのような商品を取り扱えば良いか分からず悩んでいるのであれば、エステプロ・ラボに問い合わせるのがおすすめです。

エステプロ・ラボ 公式サイト


Related articles