エステ開業

成功するエステサロンの差別化のポイントとは?

エステ サロン 差別化

エステティシャンとして活躍している人の中には、いつか自分自身のエステサロンを開業したいと考えている人もいるでしょう。

しかし、エステサロンを開業する人は増えてきているため、他のエステサロンとの差別化をしっかりと行っておかなくては生き残ることも難しくなってしまいます。

そこで今回は、エステサロンを開業し、成功させるために知っておきたい差別化のポイントについてご紹介しましょう。

エステサロン差別化のポイントはメニューにあった!

メニューを決める女性

エステサロンの差別化といった時に、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?
設備の新しさやサロンの綺麗さ、施術の上手さなど様々な要素が思い浮かぶでしょう。

数ある差別化するポイントの中でも、メニューの構成は特に大きなポイントとなります。

まずは、他のサロンと差別化できるメニューとはどのようなものかご紹介しましょう。

メニューを工夫しなければ潰れてしまう可能性も高くなる

会議しているスタッフ

エステサロンは、近年非常に数を増やしてきました。
提供しているメニューや特化しているメニューの違いはありますが、似たようなメニューを提供しているエステサロンも少なくありません。

周囲にある競合サロンに勝つためには、他のサロンとは異なるメニュー構成にするなどの工夫が必要になります。
そのためには、周囲のエステサロンがどのようなメニューを提供しているのかリサーチする必要もあるでしょう。

価格を下げて勝負するのはNG

NGサインする女性

競合サロンが周囲にあるのであれば、低価格なメニューで勝負すれば良いのではないかと思う人もいるでしょう。
価格を下げれば、確かに集客はできます。

しかしそれは最初のうちだけで、後々経営が苦しくなってしまうでしょう。
経営が苦しくなる上、一度でも低価格を提示してしまうと、価格を上げることは難しくなってしまいます。

また、これまで低価格だからという理由で通っていた顧客は離れていってしまう可能性もあるため、安易に低価格で勝負をしない方が良いのです。
特に個人サロンの場合は、価格で勝負するのではなく付加価値で他のサロンと差別化を図った方が良いでしょう。

確かな技術力を駆使したメニューや独自のメニューを提供すれば、価格が安くなくても足を運んでくれる人は必ずいます。
そのため、価格を下げて勝負してはいけないのです。

エスサロンを開業する際には、低価格で勝負をするのではなく、実力を発揮できるようなメニューの提供が重要になってきます。

他のエステサロンと差別化するためにメニューはどうやって決める?

ポイント

他のエステサロンと差別化できるメニューを提供することが重要だと前述しました。

では、他のエステサロンと差別化するためにメニューはどのように決めたら良いのでしょうか?
続いては、そのポイントについてご紹介しましょう。

差別化に有効なメニューとは?

海外のエステ

メニューで競合のエステサロンと差別化するためには、あまり設備費をかけずに導入できるものをおすすめします。
設備費などで大きな負担が発生してしまえば、結局意味がなくなってしまうからです。

また、1度だけではなく継続して足を運んでもらえそうなメニューであればあるほど差別化につながるためおすすめだと言えるでしょう。
日本ではまだまだマイナーだけど海外ではメジャーなメニューを取り入れるなど、他とは異なる取り組みをすれば注目されやすくなります。

それだけではなく、エステサロンの定番メニューと組み合わせることでさらに大きな効果が期待できるメニューであれば、興味を示す人も増えてくるでしょう。
興味を示す人が増えれば集客にもつながっていくため、必然的に売上アップに期待できます。

どのようなメニューを取り入れると差別化できる?

ホットストーン施術

エステサロンの多くで提供されているメニューは、フェイシャルエステや痩身エステ、リンパマッサージ、アロマオイルマッサージなどです。

もちろんそのような定番メニューも必要ですが、他にはないようなメニューをぜひ取り入れてみてください。
例えば、ミオンパシーやオステオパシー、ハワイアンロミロミ、アーユルヴェーダ、ホットストーン、ベビータッチケアなどはまだメニューとして取り入れているエステサロンは少ないです。

このような他ではあまり見られないメニューを取り入れてみると、興味を持ってくれる人が増え、集客につながる可能性が高まります。
日本ではマイナーなメニューを提供しているサロンが開業するエリアの中にないのであれば、特にこれらのメニューはおすすめだと言えるでしょう。

他のエステサロンと差別化できるメニューを考えることは簡単ではありません。

しかし、競合のサロンをリサーチし、他があまり提供していないようなメニューを取り入れれば必然的に差別化できるため、日本ではマイナーなメニューを提供するなどの工夫を凝らせば、差別化は比較的容易にできるでしょう。

差別化メニューだけではなく定番メニューも大切

エステサロン メニュー 作り方

エステサロンの開業で成功するためには、先ほども書いたように他のエステサロンと差別化できるメニューを提供することが重要になります。

しかし、それだけでは安定した経営を維持することは難しくなってしまうため、定番となるメニューもしっかりと準備しておく必要があるのです。

定番メニューを考える際には、どのようなエステサロンにしたいのかというイメージを固めること、使用する機器や商材を決めることが第一歩になります。

イメージが固まり、使用機器や商材が決まったら、細かくメニューを練っていきます。
では、具体的にどうすれば良いのか見ていきましょう。

定番メニューには自分自身の得意分野を取り入れよう

エステティシャンとお客さん

定番メニューを決める時に、どうしても業界のトレンドが気になってしまうものです。
しかし、トレンドばかりを追いかけてしまうと安定感がなくなってしまい、上手くいかなくなる可能性が高まってしまいます。

そのため、自分自身の得意分野を取り入れたメニューを定番にした方が良いと言えます。

顧客に満足してもらえるという自身があるものを定番メニューにすれば、必然的に成功の確率も高くなるでしょう。
そして結果を出すことができれば、エステサロンの知名度も高くなります。

オプションや追加メニューも用意しておこう

競合のエステサロンと差別化を図るためには、定番メニューの効果をより高めるようなオプションや追加メニューも用意しておくことも重要なポイントになります。

定番メニューを受けると同時にオプションや追加メニューを受けることができれば、顧客もエステサロン側も時間を無駄にすることがありません。

追加メニューとして取り入れるのであれば、トリートメントやパックがおすすめです。
客単価のアップだけではなく、顧客満足度のアップにもつながるので、一石二鳥です。

エステの施術は限られた時間の中で行われるため、その限られた時間を少しでも有効活用するようにしましょう。
そうすることで収益アップにもつながるので、エステサロンとして軌道に乗りやすくなります。

応援している女性

エステサロンは全国各地にあり、似たような目にーを提供しているエステサロンも少なくありません。
しかし、他と同じことをしていては売上を高めることが難しいため、差別化する必要があります。

エステサロンの差別化で悩んでいる人は、ぜひ今回の記事を参考に他にはないオリジナリティのあるエステサロンを作り上げていってください。

Related articles