エステ開業

エステティシャンに向いてる人の特徴とは

エステティシャン 向いている人

人を美しく輝かせるエステティシャンは、美容に興味のある人にとって憧れの職業と言えるでしょう。
そのため、エステティシャンになるには多くの条件があったり、敷居の高さを感じてしまったりする人も多いかと思います。

最初から美容に関する知識がなくても学んでいくことで、プロのエステティシャンになることは可能ですが、向いてる人と向いていない人に分かれてしまう部分もあります。

エステティシャンに向いてる人は、どのような特徴があるのでしょうか?

エステティシャンの仕事内容

エステティシャン

華があって輝いているように見えるエステティシャンですが、実際にはどのような業務をこなしているのでしょうか?

エステティシャンは、顧客を今以上に美しく輝かせるのが主な仕事内容であり、顧客の悩みを聞いて解消していくための施術や指導を行っていきます。

カウンセリングから一人ひとりの悩みを聞き、悩みを解消するための方法を提案していくだけでなく、アフターケアの方法なども合わせて指導します。

そのため美容に関する最新情報を提供するだけでなく、施術を通して顧客をさらに輝かせるのもエステティシャンの仕事と言えるでしょう。

的確なアドバイスによって顧客に喜ばれるとやりがいを感じますが、失敗も許されないため、常に緊張感を持つことも求められます。
また、自分自身も美に対して意識する必要があり、顧客の見本となる立場であることを意識することも大切です。

エステティシャンに向いてる人は?

応援している女性

エステティシャンに向いてる人は、どのような特徴があるのでしょうか?

体力に自信がある人

拘束時間が長く、立ったままで働くことの多いエステティシャンは、体力勝負な部分があります。

顧客に施術を施すこともあり、動いたままの時間が多くなるのは確実です。

また予約制のサロンがほとんどであり、休憩時間も不規則になりがちですが、エステティシャンが疲れた表情では顧客を不安にさせてしまうかもしれません。

体調管理も求められる職種であるため、体力に自信がある人には向いているでしょう。

聞き上手な人

カウンセリング

顧客の悩みを聞いたり、施術中にリラックスしてもらうために会話をしたり、相談しやすい環境を作るためには話を聞きやすい雰囲気づくりも必要です。

悩みを適切に聞かなければ、施術やアドバイスも適切に行えない場合もあり、話を聞くという行為はエステティシャンにとってとても重要なポイントになるでしょう。

なかなか聞き上手だと意識することはないかもしれませんが、コミュニケーション能力があればカバーできます。

向上心がある人

勉強する女性

職場や学校などで学ぶとエステティシャンとして働くことはできますが、重要なのはその後の成長です。

現状で満足してしまうのか、さらにスキルアップを目指して努力を続けるかでエステティシャンとして成長を続けられるかが変わってくるでしょう。

美容の世界は様々な分野に関連してくることも多く、学びと経験が結び付くと大きな成長や自信にもつながっていきます。
成長や自信から良いサービスとして顧客に還元することも可能でしょう。

美容に興味がある人

鏡を見て微笑む女性

エステティシャンは顧客に美を提供する立場ですが、自分自身もそれ以上に美に興味やこだわりがある人が向いています。

プロの立場で顧客から意見を求められたり、専門的な知識や技術を身に付けて提供したりするのがエステティシャンです。

美容に関して好きという気持ちや興味があることが、自然と顧客に伝わり安心感や信頼感を築いていける部分もあるため、美容に興味のある人の方が楽しみながら働けるでしょう。

コミュニケーション能力がある人

エステティシャン

基本的には聞き役になりますが、顧客と接しながら大切なことはしっかりと伝えていく必要があります。

適度な距離で寄り添いながら、一緒に共感したり会話したりすることで顧客の状態を把握し、適した対応を行うことが求められます。

しかし、中にはあまり聞かれたくない人もいるため、一人ひとりに合わせた接客や対応が求められます。
また、同僚との付き合い方においてもコミュニケーション能力は必要となるでしょう。

前向きな人

元気のある女性たち

常に前向きな気持ちを持っている人は、エステティシャンに向いているでしょう。

サロンに来店する人は、今以上に自分を輝かせたいという気持ちに溢れている人もいれば、悩みを抱えている人もいるでしょう。

相手の気持ちに共感しながらも、「一緒に頑張っていこう」という前向きな気持ちが顧客を励ましつつ、良い関係を築き上げていきます。

常に前向きな気持ちで頑張っていると、顧客にとっても頼れる存在になっていくでしょう。

誰かのために頑張れる人

選び方

顧客が綺麗になることを応援したり、一緒に頑張る気持ちを持っていたりする人は、気持ちも相手に自然と伝わっていきます。

相手が綺麗になるために一緒に努力したり、一生懸命関わってくれたりする気持ちが溢れているとエステティシャンとしても成功していきます。

気持ちは大げさな言葉や態度でなくても自然と相手に伝わっていくため、相手を思いやって頑張れる人は向いています。

向いていないと難しい?

悩む女性

上記でエステティシャンに向いている人の特徴をご紹介しましたが、全て当てはまらなかったり難しいと感じたりした人もいるでしょう。

条件に当てはまらないとエステティシャンになれないのではないかと不安に感じるかもしれませんが、最初から全ての項目が当てはまる人はいないと考えましょう。

特に体力面に関して不安に感じている人も多いですが、体力面に関しては自分自身の努力が重要になってきます。
疲れを感じさせる表情や行動は、何も語らなくても伝わってしまうため、表情が見られていることを常に意識してみましょう。

しかし、疲れても元気なフリをするのはとても難しいと思うので、疲れにくい体を作るための習慣づくりは必要です。

運動する女性

普段から運動不足ですぐに疲れてしまう人は、歩く習慣を身に付けるためにウォーキングを行ってみましょう。
1日20分程度から始めていき、慣れたら軽いジョギングにしても良いでしょう。
全身運動となるなわとびも短時間で効果的な運動が可能で、腰痛予防やスタイルをキープするのにも役立ちます。

条件に当てはまらないから難しいと止めてしまうのではなく、努力で変われることを自らが体験してみるのも良いでしょう。

顧客一人ひとりとの関わりが成長と結び付く

何か1つでも自分が誇れることがあれば、そこからスタートしてできることを増やしていく気持ちが大切であり、自分自身の成長にもつながっていきます。

エステティシャンに必要な技術は練習や日々の積み重ねによって築き上げていくものであり、最初から完璧な施術はありません。

顧客と接して日々学び、同じ職場で働く同僚に相談したり実績を重ねていったりすることで上達していきます。
大変なことも多く、日々勉強という意識を持って顧客と一緒に取り組んでいくことで、大きな成果や結果につながるでしょう。

また、目に見える結果を得られるため、エステティシャンの誇りや喜びを得やすく、やりがいも感じられます。
顧客の喜びや感謝をそのまま伝えてもらえることも、エステティシャンだからこそ感じられる部分です。

自分自身の成長を感じながら顧客との関わりを深めていき、美容に関する知識や技術、経験を積んでいくと将来的には独立することもできます。

仕事を通じて自分自身も健康的に綺麗になれるため、エステティシャンは美容に興味がある人には最適でしょう。
やる気次第でスキルを習得できる職種なので、努力で変われると前向きに考えてプロのエステティシャンを目指してみましょう。

Related articles