エステ開業

エステサロンの開業に必要な備品は?

エステサロン 開業 備品

エステサロンでは顧客が待機する際に使う椅子やソファー、施術を受ける時に必要なベッド、化粧品、美容機器など様々な備品が揃っています。
必要な備品はメニューなどによって変わってきますが、開業時は何から揃えていくべきなのでしょうか?

今回はエステサロンの開業で準備しておきたい必要な備品や選ぶ時のポイントについてご紹介していきます。

エステサロンで必要な備品はお店ごとに異なる

備品エステサロンで必要となる備品は提供するメニューや手法、内装イメージなどお店ごとに変わってきます。

例えば、オールハンドのエステサロンであれば、トリートメントに使うオイルやクリーム、フットバス、タオルウォーマーましくはスチーマーなど施術に最低限必要な備品を用意しなければなりません。
施術に機器を使うことがほとんどないので、準備するべき備品は最小限に抑えられます。

エステ一方、光脱毛や高度な痩身は機器を使うので、痩身機器、脱毛機、フォトフェイシャルなどが必要です。
サービス品質の向上を目的に色々な備品を用意される方は多いと思いますが、開業時点では資金に余裕がないと大きな負担がかかります。

まずはどんな施術を行うエステサロンなのか明確にし、最低限施術や他に必要なものが何か整理しておきましょう。

エステサロンで基本的に必要な備品

チェックまずは施術の内容を問わず、エステサロンで必要となる基本的な備品を確認していきましょう。

施術用のベッド

ベッド施術を行うためにはベッドが必要ですが、ベッドと一口に言っても様々なタイプがあります。

どのタイプのベッドを導入するべきかは、施術内容がボディかフェイシャルかによって変わり、どちらも1度に行うなら共用ベッドが必要です。

施術用のベッドはフラットタイプ、可動タイプ、ポータブルタイプの3つがあります。

  • フラットタイプ:角度や高さの調整ができないので、主にマッサージやトリートメントなど全身の施術に最適です。
  • 可動タイプ:角度や高さを変えられるので、ヘッドスパやフェイシャル、フットケアなど、パーツに対する施術に適しています。
  • ポータブルタイプ:折りたたみ式なので、出張エステや狭いスペースの利用に向いています。

ベッドを選ぶ時は高さ調整ができ、体への負担を考えてクッション性が高いものを選ぶと理想的です。

テーブル・椅子・ソファ

待合室

来店した顧客が施術を待つ間やカウンセリングを行う際に、テーブルや椅子もしくはソファが必要です。

テーブルや椅子、ソファは座りやすい高さや座り心地を重視しつつも、内装の雰囲気に適したデザインが求められます。
また、エステサロンの希望に合わせてサイズや設置する個数を考えて選んでください。

スツール

スツールスツールとは一般的に背もたれのないキャスター付きの椅子です。

カウンセリングやパウダールームに設置できるだけではなく、ネイルやまつエクなどベッドを使わない施術にも使われます。

ただ、施術内容によっては長い時間座りっぱなしとなるので、背もたれのあるスルーツを選ぶと体にかかる負担を軽減できます。
短時間のカウンセリングやメイク直しは背もたれなし、施術の際は背もたれありなど、利用シーンに応じて使い分けるのも良いでしょう。

キャスターが揺れやすいと施術の際に安定せず、また音が気になってしまう可能性があるので、キャスターの揺れや音にも注目して選んでみてください。

ワゴン

ワゴン

ワゴンは施術で使う道具や機器を収納したり、置いたりできます。

収納する道具に応じて大きさや容量を選び、傷つきにくい素材をワゴンが良いです。
プラスチック製は傷がつきやすく目立つので、可能であれば少し高くなりますが傷付きにくいステンレスがおすすめです。

メイク道具やアメニティなど

メイク道具必要であればメイク道具やアメニティも用意します。

具体的にはドライヤー、基礎化粧品、綿棒、コットン、マスクなどです。

メイク直しに使える化粧下地やBBクリームといった化粧品を用意しておくと、顧客はたくさんのメイク道具を持たずに来店できるメリットを与えられます。
他にもドレッサーや手鏡、生理用品、マスクなどを用意しておくと良いでしょう。

荷物かごやロッカー、ハンガーなど

カゴ

施術中は荷物が邪魔になってしまうので収納できるかごや傘置きなどを用意してください。

顧客専用のロッカーを用意し、そこに貴重品や羽織ものなどを保管する方法もおすすめです。

コートなどをかけるためのハンガーも必要で、ハンガーはバスローブやタオルなど施術で使うものをかける時にも使えます。

事務用品類

事務

事務的な備品ではカルテや伝票、パソコンまたはタブレット、電卓が最低限必要です。

カルテなどを保管する棚やパソコンなどを置くデスクなど関連用具も欠かせません。

なお、タブレットはカウンセリング時の説明や顧客が待機している間に退屈しないように、電子書籍や動画を視聴してもらうなどの使い方も可能です。

タオルやバスローブなど

タオル

施術によってはバスタオルやフェイスタオルをたくさん使い、また施術前後に着用するバスローブなども欠かせないアイテムです。

肌に触れるものなので衛生面は非常に重要であり、使いまわす場合は衛生管理に十分配慮しましょう。
運転資金に余裕があれば使い捨てタイプにすると衛生を保てます。

その他

その他

その他にも、顧客にお茶を提供する場合はティーカップやスプーン、衛生品としておしぼりやマスク、トイレ用品などが必要です。

施術でクリームなどを均等に塗るスパチュラや蒸しタオルや冷たいおしぼりを作り、保管ができるタオルウォーマーやクーラーもあると良いでしょう。

全裸に抵抗がある方がほとんどなので、使い捨ての紙ショーツやパンツも準備しておいてください。
スパチュラなど普段からよく使用する備品は、紫外線で除菌できる消毒器があると便利です。

エステサロンで必要な化粧品について

化粧品エステサロンで使う化粧品も施術内容によって変わってきます。

安定した売上と顧客の満足度を高めたい場合は、ホームケア用の化粧品の取り扱いがおすすめです。

自宅でもケアをしてもらうことでエステ効果を長く維持でき、施術効率も高まるので顧客の満足度がアップする可能性があります。
継続して利用されるものなので、安定した収入の1つになることも期待できます。

ホームケア用品は施術で使ったものと同様のラインが好ましいので、施術とホームケアの両品を扱う化粧品ブランドが望ましいです。
また、他のエステサロンと差別化が図れるブランドから選ぶようにしましょう。

エステサロンに必要な美容機器

機器

機器を使った施術を取り入れる場合は、施術内容に合わせた美容機器が必要です。

美容機器はフェイシャル用、ボディ用、ボディ・フェイシャル兼用に分けられ、さらに施術内容に応じて細かく分類されています。
例えば、フェイシャル用なら美容成分を肌に浸透させるイオン導入や毛穴の汚れを取り除くブラシ洗顔などです。

ボディ用なら痩身効果のあるキャビテーションやラジオ波、疲労物質の排出に良い酸素ドームなどがあります。
ボディ・フェイシャル兼用であれば、光脱毛機や引き締め効果のあるEMS、超音波などが当てはまります。

脱毛施術に応じて必要な機器は変わり、また同じ効果のある機器でも搭載されている技術やメーカーによって性能は様々です。
性能や価格帯など比較した上で買い揃えてみてください。

ただ、業務用エステ機器は高額なものが多く、施術の幅が広いと購入する機器も増えるので金銭的な負担が大きくなります。
最近は多機能タイプの機器も増えているので、導入する数を抑えたい時は検討してみてください。

優先順位を決めて備品を準備しよう

ToDoエステサロンの経営で必要な備品は多種多様なものがありますが、開業の時点で全て揃えることは難しいです。

始めは施術や経営に最低限必要なものを揃えることから始め、経営が安定してきたら買い揃えることをおすすめします。
開業前に買い物リストを作り、優先順位を考えてランク付けしておくと良いでしょう。

ランク付けオープン時に必要なものをSランクとして、開業から3ヶ月以内に必要な備品をAランク、できれば欲しい理想の備品をBランク、余裕があれば買いたい備品をCランクと分類してみてください。
ランク付けすることで今必要なものと、後からでも用意できるものを分類できるので、効率よく準備を進められるようになります。

必要なものが分かれば初期費用の予算も立てやすくなるので便利です。

計画エステサロンのイメージがコンセプトが決まると、それに合わせて用意がする備品も色々思い浮かんでいきます。

理想に近づけようとあれもこれもと買ってしまうと、あっという間に予算オーバーになってしまうので、何が必要なのか事前に選定しておきましょう。

エステサロンの開業で何が必要なのか悩んでいる方は、ご紹介した備品や選び方を参考にしてみてください。

Related articles