エステ開業

独立して年齢を気にせずエステティシャンとして活躍する方法


エステサロンで働いているエステティシャンの年齢層は比較的若いというイメージを持つ人が多いのではないでしょうか?
そのため、エステサロンで働きたいけど年齢的に厳しいのではないか不安に感じる人もいます。

しかし実際は、独立開業して自分自身のサロンを持つなど自由な働き方を選ぶこともできる業種なので、そこまで年齢を気にする必要はないのです。

今回は、エステティシャンとして活躍し続けるために知っておきたい働き方について、ご紹介していきましょう。

エステティシャンとして働くための年齢制限は決まっている?

信頼

エステティシャンとして働く年齢は制限されていません。

しかし、ボディトリートメントなど体力が必要な施術もあるため、年齢を重ねるごとに体力面で不安を感じる可能性はあります。

長時間立ちっぱなしで仕事をすることも多く、夜遅くまで仕事をしなければいけないこともあるので、それなりに体力が必要とされる仕事です。
そのため、エステティシャンとして活躍している人の年齢層は比較的若い傾向にあります。

行きたなくなる エステ 特徴

ただし、エステを受ける人の中にはベテランの技術力を持ったエステティシャンから施術を受けたいと思う人も多く、実力があれば長く働き続けることもできるでしょう。

体力面では若いエステティシャンに負けてしまうかもしれませんが、技術力を維持し続けることができれば、年齢を重ねても活躍できる業種です。

ボディトリートメントなど体力が必要な施術に対して不安を感じるのであれば、フェイシャルをメインにするなどメニューの変更などをすることも視野に入れてみると良いでしょう。

フェイシャルエステをメインにすれば座ったままの施術もできるため、体への負担も軽減されます。
さらに、1日の予約数を制限するなどの工夫をすると余裕も出てくるはずです。

ライフスタイルの変化に合わせた働き方を考えてみる

エステサロンに勤務するエステティシャンは、夜遅くまで勤務する必要があり、シフト制で休みが不規則になってしまいます。
そのため、将来家庭を持ち、子育てをしていくことを考えると不安に感じる人もいるでしょう。

しかし、エステ業界では福利厚生が充実しているサロンがたくさんあるため、大いに活躍することができるでしょう。

産前・産後休暇や時短勤務、託児所の設置など、子育てをサポートする制度が整っていれば、子育てとの両立も可能だと言えます。

また、エステティシャンは独立しやすい職種の1つでもあります。
独立すれば自分のライフスタイルに合わせて働きやすくなるでしょう。

子育てをしながらマイペースに働きたいのであれば自宅サロンを開業して独立をすることもできますし、子育てが落ち着くまではパートとしてエステサロンに勤務することもできます。

エステサロン 開業 資格

育児休暇などで現場を離れる時期があればブランクができてしまいますが、身に付けた技術は一生ものなので、再就職や復帰も比較的しやすい傾向にあります。

エステティシャンが持つ技術は専門的なものです。
専門的な技術を持っているからこそライフスタイルに合わせた働き方を実現できると言えるでしょう。

独立開業も視野に入れてみよう

エステティシャンとして働く年齢制限はなく、ライフスタイルに合わせた働き方がしやすいことが分かりました。
しかし、シフト制の勤務を続けることが難しいと感じる人もいるでしょう。

そのような場合は、独立開業を視野に入れてみてください。
自分自身が開業したエステサロンであれば定年もありません。

また、スタッフを雇えば施術をする際の負担も軽減するでしょう。
自分のペースで営業時間を決められることや、家庭と両立しやすいといったメリットも感じられるはずです。

まずは自宅の一室を活用した自宅サロンから始め、軌道に乗ってきたらテナントで開業するという方法もあります。
事業を拡大していくことができれば安定感も得られるでしょう。

将来的に独立することを視野に入れているのであれば、しっかりと技術を身に付けたり、フランチャイズ開業のサポートをしてくれるようなエステサロンを探したりすることも大切なポイントです。

早いうちから計画的にサロン選びを行えば、独立開業という夢を叶えられる可能性は大きく高まるでしょう。

エステサロン開業後は、スタッフを雇うようになるため、仕事の分担をする必要が出てきます。
オーナーにしかできない仕事も多いため、施術関係は年齢層が若いスタッフに任せ、自分自身はオーナーの仕事に徹するようにしましょう。

オーナーが仕事をこなし過ぎてしまうと、エステティシャンが育たなくなってしまい、結果的に自分にかかる負担が大きくなる可能性もあります。
それでは年齢や体力など、様々な理由から独立した意味がなくなってしまいます。

もしもオーナーが現場に出られなくなってしまっても、スタッフが動けるようにしておけばサロンを閉店するリスクも回避でき、お互いに安心感を得られるのです。

スタッフの教育がしっかりしていれば、集客にもつながります。
顧客満足度が高い施術を一人ひとりのスタッフが提供できるようなエステサロンへと育てていくことも、年齢を重ねたエステティシャンの役割だと言えるでしょう。

エステティシャンの将来性は?

エステティシャンとして働く年齢制限はなく、独立開業すればライフスタイルに合わせた働き方を実現できます。

しかし、将来性がなければ長く続けられない可能性もあるので、将来性がある職種なのか気になる人もいるでしょう。
最後に、エステティシャンという職種の将来性についてご紹介していきます。

おすすめ

一般的なエステサロンでは、フェイシャルエステやボディケア、ネイル、脱毛といった施術が行われています。

最近では、足つぼマッサージに特化したリフレクソロジーや頭皮のケアを行うヘッドスパ、眉の形を整える眉毛エステ、耳掃除と耳つぼの刺激をするイヤーエステなど、専門的なケアに特化したサロンも多くなっているのです。

その他にも、男性のための施術を行うメンズエステや年齢と共に衰えてしまう肌のケアを行うアンチエイジングケアも注目されています。

エステティシャンによって得意な施術も違うため、自分自身が得意な施術に特化したメニューを独立開業したエステサロンで提供することもできます。

得意な施術に必要な技術を磨いていけば、他のサロンとの差別化にもつながるでしょう。
こうした差別化は自分自身のサロンが持つ大きな強みとなり、集客につなげられる可能性も高まります。

他と同じようなメニューばかり提供していては将来性を見込むことが難しいかもしれませんが、専門的なケアに特化したサロンとして知名度を上げていけば安定感も得られるでしょう。

独立開業を検討しているのであれば、これまでに培ってきた専門的な知識を活かしながら、特定のケアに特化した施術を行えるように工夫してみてください。
エステティシャンとして年齢を重ねてきたからこそ提供できる、魅力的なメニューを生み出せるはずです。

エステティシャンとして活躍している人は比較的年齢層が若いため、年齢制限があるのではないかと感じる人もいるでしょう。

エステ

しかし実際は、エステティシャンとして多くの経験を積んできたベテランの施術を受けたいという人もいることから、若いエステティシャンしか必要とされていないということはありません。

また、エステティシャンとして年齢を重ねることで技術力が身に尽き、独立開業などをする人もいます。
幅広い働き方ができるエステ業界だからこそ、年齢やライフスタイルに合う働き方ができるでしょう。


Related articles