エステ開業

エステティシャンになるには?資格取得の3つのルート

エステティシャンになるには

エステティシャンという仕事は、美しくなるためのお手伝いを行うため魅力的だと感じる人もいるでしょう。
しかし、エステティシャンになるためのハードルは高いという印象を持たれがちです。

エステティシャンになるには、どれほどのハードルを超えていかなくてはいけないのでしょう?

今回は、エステティシャンになるにはどうすれば良いのか、エステティシャンになる方法についてご紹介します。

エステティシャンになる方法

コンセプト

エステには様々な種類があります。
美肌を手に入れるためのスキンケアやダイエット目的の痩身エステ、結婚式という大切な日に備えたブライダルエステ、リゾート地で堪能するリラクゼーションなどはどれもエステに分類されます。

どんなエステを行うエステティシャンになりたいかによって習得しなければいけない技術が異なるため、「どのようなエステティシャンになりたいのか」という方向性は重要です。

また、エステティシャンになるためには、資格を取得する必要もあります。
日本エステティック協会に属している組織が行っている試験を受けて合格するとスキルや知識を持っていることが証明されます。

また、それぞれのエステサロンで独自に設けている資格やガイドラインもあるので、就職先のエステサロンについてよく調べることも重要なポイントになるでしょう。

もちろん資格がなくてもエステティシャンになることはできます。
しかし、自分自身のスキルアップやモチベーションの向上につながるだけではなく、顧客に安心感を与えられるように資格は取得しておいた方が良いです。

エステティシャンの資格を取得するためのルート

エステティシャンの資格を取得するためのルートはいくつかあります。

自分に合う方法で資格を取得することが大切になるため、比較的多い資格取得のルートをご紹介しましょう。

美容の専門学校で学ぶ

専門学校

義務教育終了後に美容に関する専門的な学科がある高校に入学したり、高校卒業後に美容の専門学校で学んだりすることで、美容のスペシャリストを目指せます。

そのような学校では、エステティシャンやアイリスト、ネイリストなど、美容業界で活躍できる人材を育成するコースがあるため、専門的な知識を幅広く学べるでしょう。
しかし、学費がかなり高額になってしまう点はデメリットだと言えます。

企業が主催するスクールで学ぶ

セミナー

転職で美容業界に飛び込みたいと考えているのであれば、企業が主催するスクールがおすすめです。
専門学校に通うよりも短い期間で学べるため、必要な費用も抑えられます。

また、スクールを終了した後に就職先が決まっているという点も大きなメリットです。
しかし、仕事で必要なことしか教えてもらえないスクールが多いので、幅広い知識を身に付けたいと考えている人には不向きでしょう。

働きながら専門知識を勉強する

勉強会

エステティシャンになるためには、必ず学校などに通って資格を取らなければいけないという決まりはありません。そのため、働きながら専門知識を勉強することでエステティシャンを目指すことももちろん可能です。

エステサロンの中には正社員として採用せずに、登録制でエステティシャンを抱えているというケースも多くなっています。
そのようなエステサロンであれば、説明会や体験レッスンなどが充実しているため、比較的気軽に足を踏み入れることができます。
主婦やOLなど、まとまった時間はなかなか作れないがエステティシャンになりたいと考えている人におすすめの方法です。

エステティシャンの資格を取得するためには、このようなルートを辿るケースが多くなっています。

資格試験の合格率は約97%なので、ほとんどの人が合格できるでしょう。

もしも合格点に満たなかった場合でも修正点のフォローをしてもらえるので、2度目には合格できる確率も高まります。

エステティシャンの募集状況はどうなっているの?

エステティシャンの募集は随時行われています。
新店舗をオープンする際には必ず募集されるので、比較的募集は多いです。

さらに、スタッフが独立した場合も人員を補充するために募集が見つかります。
エステティシャンとしての就職状況についても詳しくご紹介していきましょう。

美容の専門学校を卒業後の就職状況

美容の専門学校を卒業した後の就職状況は、学校内の就職課にサポートしてもらえるので比較的安心です。
学校のカリキュラムの中で基本的なスキルを習得できるため、即戦力として活躍することもできます。

ただし、就職先が決まってから研修をしてサロンで必要な技術や知識を身に付ける必要があるため、就職してすぐに施術ができるとは限りません。

企業が主催するスクールを修了後の就職状況

就職

企業が主催するスクールを修了した後の就職状況は、就職を前提としているため就職は確実にできると言えます。
そのため、カリキュラムを終了次第勤務ができるケースが多いので安心感は大きいでしょう。

また、キャリアを積むことでさらに上位の資格取得も目指せます。

働きながら専門知識を勉強した後の就職状況

働きながら専門知識を勉強した後の就職状況は、基本的に採用されるケースが多くなっています。
なぜかというと、多くのエステサロンでは登録制でエステティシャンを採用しているためです。
特に問題がなければ就職自体難しくはないでしょう。

エステティシャンはどのような場所で働いているのか

エステ女性

エステティシャンになるためには、就職先についても知っておかなければいけません。
最後に、エステティシャンはどのような場所で働いているのかご紹介します。

国内のエステサロン

日本エステティック協会などが主催しているエステ関係の資格を持っていれば、国内のエステサロンで有資格者として勤務することができます。
資格を持っていることで顧客に安心感を持ってもらうことができるだけではなく、比較的就職もしやすいでしょう。

リゾートホテル

リゾートホテル

国内外のリゾートホテルにはエステサロンが完備されているケースが多くなっています。
ホテル内のエステサロンで勤務することも可能です。

国内のリゾートホテルはもちろんですが、海外のリゾートホテルでも日本人エステティシャンは重宝されるので、語学力に自信がある人は海外のリゾートホテルでの勤務を検討してみても良いでしょう。

個人サロン

エステサロンで経験を積み、個人サロンを開業して独立するエステティシャンも少なくありません。
スキルを磨くことで独立できるという点はエステ業界の大きな魅力です。

独立して個人サロンを開業すれば、営業時間やメニューを自由に構成することができ、自分自身の強みを最大限に活かせます。
テナントを借りて開業するだけではなく、自宅の一室を改装した自宅サロンも最近は増えています。

エステティシャンとしての資格を保有していれば、施術を受ける顧客に安心感を与えることもできるでしょう。

エステティシャンは、このように幅広い働き方ができます。
ライフスタイルに合わせた働き方もできるため、自分に合った働き方を模索してみましょう。

女性たち

エステティシャンはハードルが高い職業の1つだと思われがちです。
確かに専門的な知識が必要なので、簡単に身に付けることはできません。

しかし、専門学校などで専門的な知識を学ぶことができれば、エステティシャンとして活躍できます。
エステティシャンになりたいと考えているのであれば、今回紹介したエステティシャンになる方法をぜひ参考にしてみてください。

Related articles